降圧剤の怖い副作用

高血圧の薬には副作用がある

アダラートの副作用について

血圧を下げる働きがある、いわゆる降圧剤の一種にアダラートと呼ばれる薬があります。そもそも高血圧や狭心症はカルシウムイオンが細胞に入り込むことによって、血管をはじめ、心臓も収縮することによって引き起こしやすくなりますが、アダラートはカルシウムイオンが入り込むことを抑制し、冠血管を広げることで血流をスムーズにする効果があります。そのため、アダラートは高血圧や狭心症などに効果を発揮するとともに、実際の医療現場でも治療薬として使われています。

 

しかし、アダラートを服用する際には副作用が表れる場合があるため、注意が必要となります。アダラートを服用することで血圧が下がりますが、これによりめまいを引き起こしやすくなります。また、グレープフルーツを食べることで、アダラートの効果を一層強める可能性があり、急激な血圧低下を引き起こす可能性があるために注意が必要です。その他にも頭痛やかゆみ、倦怠感、鼻血などの副作用が挙げられます。このような症状が現れたら、医師の診察を受けることも大切です。

 

血圧の薬を飲まずに高血圧を改善するのなら。
藤城博の高血圧と糖尿病の食事療法

アムロジピンの副作用について

高血圧症や狭心症と言った病気の場合、血液の流れを促進し、血圧を下げることで、これらの病気の症状を緩和したり改善したりします。
こういった病気の治療に使われる薬の1つにアムロジピンというものがあります。アムロジピンの主成分はアムロジピンベシル酸塩と呼ばれるもので、これは冠血管から末梢の血管にいたるまで、平滑筋を弛緩することで、血圧を下げる効果があります。そのため、高血圧や狭心症の症状を緩和することにつながるという効果があります。

 

しかし、アムロジピンには副作用や服用時の注意点も当然あります。例えば、1度、もしくは1日に服用する量は高血圧の場合と狭心症の場合とで異なります。高血圧の場合は1日くらい服用し忘れても、何ら問題ないのですが、狭心症の場合は必ず服用しなければなりません。狭心症の場合はきちんと用法を守ることがとても重要になります。また、服用によってめまいや頭痛、むくみ、かゆみと言った副作用を引き起こすこともあります。だからこそ、アムロジピンを服用する際は医師の指示にしっかり従うことが重要となります。

 

ちなみに、アムロジビンという表記を見かけますが、アムロジピンが正しいようです。

ニューロタンの副作用について

血圧を上げてしまう体内で生成される物質にアンジオテンシンと呼ばれるものがあります。近年、高血圧症などの治療薬として、血圧を下げる薬の中には、このアンジオテンシンの抑制をする作用があるものがあり、これをアンジオテンシン受容体拮抗薬と呼んでいます。略してARBと言われますが、この種類の降圧剤の先駆けとも言えるのがニューロタンです。

 

ニューロタンは心不全などの心臓病などにも有効とされており、さらに大きな病気を予防する効果があります。また、ARBは咳が副作用として現われやすいのですが、それがあまり見られないのも特徴で、長期的な治療にも適した薬といえます。ただし、ニューロタンは副作用がまったくないわけではなく、だるさやめまい、動悸を引き起こす場合もあります。また症例は少ないものの、ごく稀に肝機能が低下する事例もあるため、服用にあたっては注意が必要となります。そのため、肝臓が悪い方は病状によっては使用できない場合もあり、また妊娠中はニューロタンを服用することができません。

ミカルディスの副作用について

ミカルディスは高血圧の治療に使われる薬剤です。血管の収縮を右翼静止、血圧を下げていく効果のあるとされています。血圧を下げることで、心臓や腎臓に対しての負担を軽減することができると言うメリットもあります。高血圧の症状をお持ちの方は、近年、増加傾向にあるようですが、そんな高血圧からくる他の病気を予防するためにも効果があります。

 

しかし、ミカルディスを服用するに当たっては、肝障害のある方やアレルギー症状などのある方は、特に医師の診断が必要になります。また、高齢者の方、血液の透析を受けている方もより慎重に服用することが必要になります。ミカルディスは服用することで副作用を引き起こすことがあります。代表的なものとしてはめまいや眠気、嘔吐や冷や汗、吐き気などが挙げられます。ミカルディスは血圧を下げる効果があるために、服用時には車の運転や高い場所での作業などを行う場合は細心の注意が必要になります。また、他の血圧を下げる薬と併用してしまうと、必要以上に血圧が下がるため、ミカルディスとの併用には注意が必要となります。


Copyright (C) 2009 高血圧の薬には副作用がある All Rights Reserved.